本文へスキップ

日本のワイン産業を
世界のワイン産業を
日本と世界の文化交流のために
民主党は応援しています

民主党ワイン産業振興議員連盟 概要OVERVIEW

名 称  民主党ワイン産業振興議員連盟

目 的  日本ワイン産業の育成・ワインの輸出輸入の拡大

背 景
経済のグローバル化により、ワイン輸出も政府によるトップセールスが盛んになるなど、国家を背景としたビジネスへと変貌しつつあることから、日本ワイン産業の育成のためにオールジャパンとして力を結集することが必要となっています。民主党のワイン愛好家達は、日本ワインの素晴らしさを世界に広く知っていただくために結集しました。

活 動
政府公式行事における日本ワインの利用促進
在外日本大使館での日本ワインの利用促進
日本版ワイン法の制定
世界市場における日本ワインの認知度向上、およびブランディング戦略策定


   
鳩山由紀夫名誉顧問   輿石東議連会長     樽床伸二議連幹事長    羽田雄一郎事務局長
   
松本剛明衆議院議員   小宮山泰子衆議院議員  谷田川元衆議院議員    平山泰朗衆議院議員
   
山崎摩耶衆議院議員   前田武志参議院議員   笠原多見子衆議院議員   斎藤嘉隆参議院議員
   
坂口岳洋事務局次長   勝又恒一郎事務局次長  高橋英行議連幹事     伴野豊衆議院議員

役員

名誉顧問 羽田 務 衆議院議員
名誉顧問 鳩山 由紀夫 衆議院議員
名誉顧問 藤井 裕久 衆議院議

会  長 輿石 東 参議院議員
会長代行 小沢 鋭仁 衆議院議員
 副会長 松野 頼久 衆議院議員
 副会長 細野 豪志 衆議院議員
 副会長 橋 千秋 参議院議員

幹事長  樽床 伸二 衆議院議員
副幹事長 森本 哲生 衆議院議員
副幹事長 西村 智奈美 衆議院議員
副幹事長 佐々木 隆博 衆議院議員
副幹事長 後藤 斎 衆議院議員
副幹事長 北神 圭朗 衆議院議員
副幹事長 舟山 康江 参議院議員
 幹 事 加藤 学 衆議院議員
 幹 事 本村 賢太郎 衆議院議員
 幹 事 吉田 統彦 衆議院議員
 幹 事 高橋 英行 衆議院議員
 幹 事 風間 直樹 参議院議員

事務局長  羽田 雄一郎 参議院議員
事務局次長 米長 晴信 参議院議員
事務局次長 坂口 岳洋 衆議院議員
事務局次長 勝又 恒一郎 衆議院議員
事務局次長 早川 久美子 衆議院議員

民主党ワイン産業振興議員連盟 参加議員一覧(75名)2011年1月現在

相原 史乃、赤松 広隆、網屋 信介、一川 保夫、市村 浩一郎、今井 雅人、太田 和美、大谷 信盛、大山 昌宏、奥村 展三、小沢 鋭仁、小原 舞、柿沼 正明、笠原 多見子、風間 直樹、加藤 学、近藤 和也、勝又 恒一郎、金子 洋一、川端 達夫、北神 圭朗、行田 邦子、郡 和子、輿石 東、後藤 斎、斎藤 嘉隆、坂口 岳洋、佐々木 隆博、篠原 孝、高井 崇志、橋 千秋、高橋 英行、武正 公一、田名部 匡代、谷 博之、樽床 伸二、手塚 仁雄、外山 斎、中井 洽、中野渡 詔子、中屋 大介、長尾 敬、西村 智奈美、西村 まさみ、萩原 仁、羽田 孜、羽田 雄一郎、鳩山 由紀夫、早川 久美子、伴野 豊、樋口 俊一、平山 泰朗、平山 誠、藤井 裕久、藤谷 光信、舟山 康江、細野 豪志、松岡 広隆、松木 けんこう、松崎 哲久、松野 頼久、松本 剛明、水戸 将史、向山 好一、本村 賢太郎、森本 哲生、森山 浩行、谷田川 元、柳田 和己、山尾 志桜里、山崎 摩耶、山本 剛正、吉田 統彦、米長 晴信、笠 浩史


2010年11月18日 議員連盟設立総会

活動報告写真

ボジョレーヌーボー解禁日を目前に民主党ワイン産業振興議員連盟の設立総会が行われました。
世界に誇ることのできる日本の中小のワイナリーが厳しい経済状況に直面する中、今回の議連の立ち上げに至りました。日本ワイナリー協会や日本ソムリエ協会、山梨県ワイン酒造協同組合、道産ワイン懇談会など国内のワイン製造関係者も参加頂き盛り上げて下さいました。
輿石会長は「世界に誇れるワインを、全国、世界に発信していきたい」と日本ワインの発展に力強く協力していくことを設立総会にて表明しました。


民主党ワイン産業振興議員連盟の設立にあたりまして

ワイン産業振興議員連盟発足に向けて、日本ワインを愛し様々な形でご尽力なさっている各方面の方々から、多大なるご協力をいただき大変感謝しております。
特に、山梨県東京事務所長野県東京事務所山形県東京事務所北海道東京事務所北海道池田町東京事務所などワイン産地を代表する地域の東京事務所の方々には、これまでの原産地呼称法への取り組みや地域独自の認証制度に対する歴史、各地のワイナリーの経営現状、日本独自の美しい景観を誇るワイナリーと日本観光をコラボレーションすることによって外国人環境客を魅了する新しい観光産業の在り方などについて情報やご提案をいただきました。
また、山本博氏、三澤茂計氏の両氏には、今後の日本ワインの海外における可能性や、世界における日本ワインの地位、世界市場における日本の優位性などについて多くの情報をいただきました。さらに、法的な側面からの世界ワイン市場への参入課題や、欧州市場における日本ワインへの反響、欧州ワインジャーナリストの本音など、よそでは得られない貴重な情報を提供していただきました。
萩原勲・東京農工大学農学部教授、農工大学OBの大川栄一氏には、登美の丘ワイナリーにおいて日本のワインの始まりや現在の葡萄育種状況など、農学の専門的な立場から日本のワインの歴史、現状、将来について貴重なご意見をいただくことができました。
第一回ワイン会におきましても、各道県東京事務所や日本ワインを愛する会の山本博会長、中央葡萄酒株式会社三澤茂計氏の尽力、日本各地のワイナリー各社のご協力により開催に至ることができましたこと、この場をもってお礼を申し上げます。
                                                事務局一同

民主党ワイン産業振興
議員連盟

www.wine1.net